モテ声になる!婚活で印象をよくするための3つの秘訣(動画解説)

157
モテる声とは

声を評価されている人ほど 異性からのアプローチが多いという調査結果も出ているように、見た目だけではなく、初対面で出会って話すときの声であなたの印象はまったく変わります。婚活にも応用できる発声方法について動画で解説しました。

最初に「いいね」してみましょう

声が良いと2割増しでモテる

声の評価によって結婚の可能性アップ

声が良いと2割増しでモテるということを知っていますか?

以前、私も関わったチーム「声総研」という声に関する専門家が集まり、20代から50代の男女800名を対象に、声に対する意識や恋愛観に関するアンケート調査を実施いたしました。

「声総研」
芸能人の人気だけでなく、恋愛の場面でも、声は成功を左右するようです。自分の声に点数をつけてもらい、既婚者の割合を調べたところ、0~35 点の低得点者層では 53.0%、36~65 点の中得点者層では 61.4%、66~100 点の高得点者層は 63.5%と、声の評価点が高い人ほど結婚しているという傾向が浮き彫りになりました (PDFファイル

これによると、声は恋愛にも大きく力を発揮していることが分かります。自分の声の評価によって結婚できるかどうか、大きな影響があるのです。

第一印象に大きな影響を与える「声」

恋愛に対する行動や考え方を、他人からいい声だと言われる人と、そうでない人で比較したところ、

  • 異性から (食事などに)誘われることが多い
  • 『モテる』『モテそう』と言われる
  • 『異性からチヤホヤされている』と言われ る

等の項目にあてはまると答えた人の割合は、いい声の人の方が 20%前後と多く、声を評価されている人ほど 異性からのアプローチが多いことが分かります。
 
このような調査からも、声は婚活の成功を左右するということが証明されています。
 
第一印象に大きな影響を与える「声」。

ならば... 絶対に「モテ声」美声な方が良い︎
 
そこで、意識するだけで、簡単にできる美声の作り方の3つの秘訣を動画でお話しします。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

簡単にできる美声の作り方

基本の腹式呼吸

「腹式呼吸動画」声の基本 腹式呼吸♪ 秋竹朋子指導

美声の元は腹式発声

美声の基本 腹式発声動画

明るい声にするために

口角を上げて笑っている顔で話す事を意識すると、声の響きが明るくなり高い声を出しやすくなります。

これが意外と難しいもので、第一印象、緊張のあまりコワイ顔をしてしまったり、口が開かなくなってしまってこもってしまう人も多いようです。意識しているつもりでも、こんな簡単な事が出来ない事も多いです。 笑顔は、見た目にも関わる大切なポイントになります。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

まとめ

意識とコントロールでビックリするくらい好印象に

いかがでしたでしょうか?

声って、生まれつきではないです。
ちょっとした、意識とコントロールで、ビックリするくらい印象が変わります。
「モテ声」で素敵なパートナーをGETしてくださいね。

編集部より

著者の秋竹朋子さんは、音楽家ならではの聴力と技術を駆使した、日本初「超絶対音感」によるボイストレーニングが話題を呼び、各メディアからの取材、TV番組にも多数出演されていらっしゃいます。

◆ビジヴォ スクール

◆著書

  • 「一瞬で相手の心をつかむ声の作り方 モテ声で人生を変えよう」(ぱる出版)
  • 「話しベタはスポーツ新聞を読みなさい!」(双葉新書) 
  • 「秋竹朋子の 声トレ!!」(ワニブックス)
  • 「秋竹朋子の即効! モテ歌レッスン」(リットーミュージック)
タグ モテる

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


福岡県生まれ。 東京音楽大学ピアノ演奏科コースを経て聖徳大学大学院音楽文化研究科 修士課程卒。 国内や、ウィーン国立音楽大学にてディヒラ国際音楽コンクール第2位など数々の受賞歴がある。 ボイストレーニングスクール「ビジヴォ」の代表として「声」「話し方」「歌声」に問題を抱えるビジネスパーソンの指導を実施。