異性との婚前旅行……これってあり?なし?の理由

750
Fotolia_87825370_XS

異性との婚前旅行については、「とんでもない」というような古い時代ではありません。結婚関係なく恋人同士で旅行に行くことも当たり前の世の中です。ただし、「結婚」を控えているということもあり、何点か注意していただきたいことがあります。


婚前旅行の意味について考えておきます

婚前旅行を否定する価値観は、現在ほとんどありません

オンライン旅行会社「エクスペディア」による、20~50代成人男女400名を対象にした「恋人・異性との旅行に関する調査」というものがあります。

その中では、婚前旅行について、「全面的に賛成」「まあ賛成」「あまり賛成できない」「まったく賛成できない」の4つの項目から回答を受け付けました、結果は以下のとおり。

・全面的に賛成・・・・・40.5%
・まぁ賛成・・・・・・・53.5%
・あまり賛成できない・・5.8%
・まったく賛成できない・0.3%

賛成が95%近くになっています。もう、ほとんど婚前旅行を否定する意見はないと言って良いといえます。

ただし、どちらかが嫌がる場合は、無理に旅行に行く必要はありません。そもそも、新婚旅行でさえ義務ではありませんので、お互いが旅行に合意すれば、行くようにしていただければ良いのです。

そのような価値観の前提を共有していただいた上で、婚前旅行を意味のあるものにするために「あり」なことと「なし」なことについて、個別に考えていきたいと思います。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

婚前旅行でこれはあり?なし?個別のケースを見ていきます

目的のない「行き当たりばったり」な旅行計画

Travel
Travel / DncnH

まず、旅行の目的に関わる問題について考えます。そんなにかしこまらなくてもいいではないか、という意見もあるかと思いますが、愛し合う男女2人でせっかく旅行に行くわけですから、意義もあるものにしましょう。

その場での行き当たりばったりの計画で旅行に行っても、結論からいいますともったいないです。「婚前旅行」として思い出になるようにいくのですから、しっかりと2人で計画を立てて、記憶に残るような場所に行くようにすると、非常に意義のあるものになると思います。

従って、この場合は「なし」と言えます。

彼氏が旅行費用を全額負担

Rich Lowry
Rich Lowry / Gage Skidmore

通常のデートなどでは、彼氏が多く負担するというカップルも多いかと思います。それでは、婚前旅行においてもこの法則通り、彼氏が多く負担する、あるいは全部奢るということがあってもいいのでしょうか。

実は、このコラム的にアドバイスすると「なし」なのです。なぜかと言いますと、婚前旅行はお互いの金銭感覚を確かめるために打ってつけの場になります。

宿泊費用、移動費、観光地での費用等、すべて彼氏が負担した場合、その人は懐の深い男性というわけではなく、見栄っ張りでお金を浪費するタイプである可能性があります。

離婚の原因で一番多いのは「性格の不一致」ですが、「金銭感覚のずれ」も大きな割合を占めています。旅行に行き、湯水のようにお金を使う彼氏は、彼女だけだはなく他の人、友人だけにとどまらず、関係ない人のお金をも負担してしまう人かもしれません。

普段の生活ではなかなか気づかないことですが、こうした大きなイベントの際に、その人の素の性格が出る可能性があります。もちろん、このことは彼氏側だけではありません。彼女の方のお金の使い方についても、よく確認しておくといいかもしれません。

つまり、お互いの金銭感覚を確認する場として、婚前旅行を活用できるということになります。

遠方の海外旅行

Travelling Far And Safe
Travelling Far And Safe / Dirigentens

婚前旅行として、アメリカやヨーロッパに行く計画を立てることがあるかもしれません。これはダメとうことはありませんが、本番の新婚旅行の計画との兼ね合いを大切にしてください。

これは何を意味するのかと言いますと、旅行のような大きなイベントはお互いの感情がマックスのときに行ったほう、がより効果的ということです。婚前旅行であまり遠くの豪華な旅行をしてしまうと、新婚旅行というメインイベントがあまり盛り上がらなくなってしまいます。

こうなってしまうと、成田離婚ではありませんが、新婚旅行に行ってからお互いの関係が悪化してしまうというリスクも背負うことになります。双方の経済力とよく向き合って、この段階ではできればそれほど遠くではない、近場の旅行にしたほうがいいと思います。

ただし、2人だけで遠方に旅行できる期間も限られてしまいます。それは、女性が妊娠してしまうと、健康上のリスクから飛行機を使うような旅行はできなくなってしまうからです。何かあった場合、降りられない飛行機や、知らない外国では対応ができません。

そして、出産後は子育ての必要があり、2人水入らずでの旅行は、子供が大きくなるまで20年近く不可能になります。従って、この時間を思いっきり楽しむことも大切です。

この項目は「条件付きであり」とさせていただきます。

創意工夫のある旅行プラン

travel shadow
travel shadow / MarioMancuso

2人で、あるいは彼氏がリードして、通常の旅行パックではないプランを考えるということがあるかもしれません。思い出深いものにできるため、これも良いのでは?と思われがちですが、この段階ではあまり奇をてらったものはしないほうが無難です。

カップルに評価の高い旅行パックや観光先は、要は平均的に満足度があるところになります。100点満点で言うと、70~80点は獲得できるものだと思ってください。

ところががんばって100点を目指そうと、オリジナルな計画を立てようとすると、場合によっては大失敗してしまうこともあります。旅行先のホテルを確保していなかった、行こうと思っていた観光地が休みだったなど、大きな失点になります。

せっかく2人の気持ちを高めるために行うものであるのに、こうした失敗をしてしまうともったいないです。よほど自信がある場合ではない限りは、この段階では、一般的な旅行プランにすべきだと考えます。

従って「原則なし」といたします。

旅行先でのセックス

Lovers on the lake
Lovers on the lake / Geoffrey Etwein

もちろん「あり」ですが、注意していただきたいことでもあります。旅行に行くくらいですから、既にセックスしている場合が多いと思います。それ自体は何の問題もありませんし、大いに愛を深めていただければと思います。

問題は、避妊しないことです。この段階、特に婚約前の段階で避妊しないと、妊娠の可能性があり、大きなトラブルの元になってしまう可能性があります。旅行先では解放された気分になり、いつも行っている避妊をせずにセックスしてしまう可能性があります(流れで「いいじゃないか」のように)。

妊娠してしまうと、今後の2人の関係や人生設計に大きな影響があります。また、2人だけの問題ではなくなります。新婚旅行の際に妊娠を希望しているのであれば、大いに盛り上がっていただいて構いません。この段階では、少しセーブしたほうが賢明です。

男性側も女性側も、(予定がなくても)コンドームを持参していただくほうが安心できると思います。これも「条件付きであり」とさせていただきます。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

婚前旅行を今後のために有効活用しましょう

お互いの「見えない部分」を確認する機会に

現在において婚前旅行を否定する価値観は、ほとんどないことがわかりました。その上で、せっかく旅行という大きなイベントをするのですから、マイナスポイントを出さずに有効活用したいものです。

その意味では、上に挙げたように、お互いの見えない部分を旅行先で確認できるようにすれば意義のあるものになります。

・ありのまま
・自分を偽らない
・見栄を張らない
・お互いの体をいたわる

こうしたことが確認できれば、婚前旅行は大いに「あり」なものになると言えます。行く、行かないは双方の判断ですが、もし行くのでしたら、大いに楽しみながらより深い関係を築けるようにできればうれしいですね。

タグ デート

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆中。自分自身の婚活の価値がゼロになってしまったため、再起を図るべく活動中。