これを言えればOK?婚活での正しい自己PRの方法とは?

220
woman with yellow  leaves

婚活を始めて戸惑うことのひとつに「自己PRをどうやってすればいいのか」という問題があります。もともと自己PRが得意な女性はいいのですが、あまり自分を出すのが上手ではない女性にとってこれは、ある意味難問です。そこで、そんな女性たちのために婚活する上での上手な自己PRの方法についてご紹介します。

最初に「いいね」してみましょう

婚活での自己PRの方法にはコツがある

「口ベタだから」なんて心配しなくて大丈夫!

婚活を始めて自己PRで何を話せばよいのか困ったという経験はないでしょうか?そもそも自分の長所は何なのか、どうしたら相手に興味を持ってもらえるのか、何を話せば会話が盛り上がるのか・・・と自己PRについての悩みは尽きないと思います。

ただ、自己PRは苦手という方に朗報があります!自己PRが上手な人だけが結婚できるわけでもないのです。大事なのはあなたの良さを相手にわかってもらうことです。無理して自分を明るく見せようとか取り繕う必要はありません。話術が上手でなくてもできる自己PRとはどういうものなのでしょうか?

相手に好感を持たれる婚活での正しい自己PR

自己PRの前にまず自分について知ろう

20160730_01

自己PRをする前に、まず大事なのは「自分自身がどういう人間なのか」を知っておくことです。「おっちょこちょい」なのか「しっかり者」なのかなど・・・。それが、自己PRにつながっていくのです。

まず、静かに自分がどういう人間なのかを考えてみましょう。長所も短所も関係ありません。いい面も悪い面も含めて自分がどういう人間なのかを知ることが大切です。

より客観的に見るために、自分がどんなタイプと思われているのか、友人や知人に聞いてみるのがいいでしょう。それを知ることで、自分をどう婚活相手にアピールすれば良いのかがわかってきます。

次に「ありのままの自分」を受け入れよう

20160730_02

婚活というのは結婚相手を探すということです。だから、自分以上の自分を相手に見せても仕方がないのです。

無理に取り繕って自分以上の自分を演じて結婚できたとしても、結婚後に苦労するのは目に見えています。大事なのは「本当のあなたを相手に知ってもらって、それでも結婚したいと思ってもらえること」です。それができれば、結婚後も無理することなくあなたらしく生きていけます。それには、ありのままのあなたを相手に伝えることが重要なのです。

「そんなことをしたら相手に逃げられるのでは?」と思うかもしれませんが、結婚は「すればいい」というものではありません。結婚後、幸せになれる結婚をしないと意味がないのです。その為には、ありのままの自分を相手に伝えることが大切なのです。

自己PRが苦手なことを伝えることで楽になる

20160730_03

次に大切なのは、自己PRが苦手なことを逆に相手にアピールすることです。

例えば、婚活で出会った相手に「私はあまり人とおしゃべりがうまくできないタイプなので、私のことわかりづらく感じるかもしれません。でも、いろいろ聞いて下さったら何でも答えるのでよろしくお願いいたします」と笑顔で言ってみましょう。それを伝えることであなた自身が楽になれるはずです。

そして、自分の短所を明るく言える女性に、男性は好感を持ちます。お相手の方は口ベタなあなたのことを理解して、いろいろ質問してくれるはずです。あなたはそれに自分らしく笑顔で答えればいいのです。たどたどしくてもいいから、素直な気持ちで一生懸命答えるあなたの姿は相手にとてもかわいく映るはずです。

相手の自己PRを聞くことも忘れない

20160730_04

婚活女性の中には「自分をアピールしなくては」ということに必死で、「自分がしゃべらなくては・・・」と話すことだけを考えてしまう人もいます。でも、男性はあなたの話も聞きたいけれど、自分の話も聞いて欲しいと思っています。

男性の中には、自分のことだけを話したいと思っている方もいます。なので、相手が自分の話を聞いて欲しそうなときには、無理に自分の話をする必要はありません。

笑顔で「そうなんですね」とうなずきながら相槌を打ってあげるだけで、相手はあなたに好感を持ちます。自分のアピールだけに必死になる必要はないのです。

婚活相手の全員に好感をもたれる必要はない

20160730_05

女優の柴田理恵さんは、大学時代に一目惚れされた男性にずっと片思いされていたそうです。そして、結局その人と結婚して、今も幸せに暮らしておられます。

彼女に言わせると「たとえ、この世の中のすべての男性から思われても結婚できる人はたった一人しかいない。だから、別にモテなくてもこの世にたった一人でも自分を理解してくれて好きになってくれる人がいたら、それでいいのではないか」と自分の経験も交えておっしゃっていました。

まさにその通りで、婚活で出会う人すべてに好感を持たれようとする必要はないのです。ありのままの自分に好意をもってくれる人が一人いたらそれで十分です。

短所が長所になることもある

20160730_06

あなたは、自己PRが苦手な女性は男性から嫌われると思い込んでいませんか?

世の男性の中には「おっちょこちょいな女性」が好きな人もいるのです。なぜなら、人にはそれぞれ「好み」というものがあるからです。よく、同じ男性を見て、ある女性は「素敵」と思い、別な女性は「どこが素敵なの?」と思うことってありませんか?ありがたいことに、意外と異性に対する好みには個人差があります。なので、あなた自身が短所と思っている部分を長所と思う男性が必ずいるのです。

例えば、あなたが口ベタだとコンプレックスを感じていても、逆に自分の話だけを聞いてほしいタイプの男性にとっては、自分の話を笑顔でうなずきながら聞いてくれるあなたはとても魅力的な女性に映るかもしれないのです。 

婚活で一番上手な自己PRはあなたらしさを伝えること

ありのままの自分の一番素敵な部分を出せばそれでいい

いかがでしたでしょうか?婚活で重要なのは、「ありのままの自分」を素直に相手に伝えて、自然体でいることが最高の自己PRになるということです。

決して自分を取り繕ったりせず、自然な流れにまかせて本来の自分を相手に伝えていきましょう。あなたと結婚してうまくやっていける運命の相手なら、そんなあなたに魅力を感じるはずです。

婚活を成功させるにはたくさんの出会いが必要

自分の魅力を理解してくれる相手を探すにはたくさんの出会いが必要です。そうなると、合コンや友達の紹介に期待しているわけにはいきません。じゃあ、どうすれば良いの?仕事だって忙しいし・・・という方は婚活サイトを試してみてはいかがでしょうか?

実際、まりおねっとのアンケート調査(337名が回答)に寄ると、ネットで出会いを探そうとアクションを起こしたことがある人は50%近くもいました。ただし、怪しい出会い系は絶対にNG!信頼性のある婚活サイトをオススメします。

例えば、上場企業のIBJが運営するブライダルネットなら信頼できるので、怪しい出会い系とは違ってマジメに出会いが探せます。ブライダルネットでは実際に1ヶ月に1.5万人の会員が出会っているそうです。

婚活サイトは費用も安く、普段の生活では出会えない色々な男性から自分に合った人を見つけることができます。まずは試してみてはどうでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


45歳で婚活を始めて結婚した経験をもとに、婚活記事を中心に活動しているフリーライター。