婚活で第一印象の好感度を劇的に上げる男性の服装 3ポイント

399
婚活の服装

婚活パーティーに行きたいが服装には自信ない。。。という人は必見。3つのポイントだけ押さえれば好感度アップは間違いなし!婚活パーティーでは限られた短い時間でいかに相手の女性に対して自分をアピールするかが鍵。そしてその重要なアピールの一つが外見の第一印象です。

婚活の服装ってどうしても迷う

失敗しない婚活の服装のポイントは?

婚活パーティは一度に沢山の女性と出会えるチャンスの場でもあります。なので短時間で沢山の女性の中から自分の好みの女性にアプローチ出来るというメリットがあります。

一方で裏を返すと女性もそのメリットは全く同じであり参加している男性陣の中から良かった人を選べるという仕組みになっています。つまり参加する男女共に沢山の同性のライバルが存在するという事です。

更にパーティは一般的に2~3時間という短い時間で進行されていきます。この限られた短い時間でいかに相手の女性に対して自分をアピールするかが鍵になってきます。

そしてその重要なアピールの一つが外見の第一印象です。ここでは重要な第一印象の要素の1つ服装についてお話します。

服装でお洒落アピールは無理!?

Matt
Matt / Robert Conrad Photography

1週間後に予定しているパーティに向けて服を新調しようと考えていたとします。 この場合、例えばそれまで洋服への興味、関心が薄かったりお金をかけていなかった人は要注意です。 よくあるのが『パーティーではお洒落な格好をしてアピールしなければ!!』という気負い。 はっきり言ってそう思っている時点でお洒落でも何でもなく、その気負いが時として非常にマズイ格好となる場合があります。

そもそも洋服に限らず色々な分野で未経験者や初心者が、いきなり結果を出そうなどという話はほとんど無茶な話です。 自分の職場に入ってきた新人がいきなり自分と同じ位のレベルの仕事をやるといったらどう思いますか? そういう事です。

洋服も同じで、お洒落に見えるのは常時服と接している販売員やスタイリストなど仕事の人達か好きで継続的に服を購入している人達です。 それ以外の人達の場合は洋服を見たり、買ったり 着たりする経験値が少ないので自分の狭い視野で服の購入を考えてしまいがちです。

不評に気付かないまま繰り返し同じ服装でパーティーに参加・・・

結果、自分は良いと思ってる服も周囲からは不評という事が起こります。 更に、不評な服装はよほど親しい間柄の人でさえ言いづらい物です。 初対面のパーティーで会った人から指摘を受ける事もなく不評に気付かないまま繰り返し同じ服装でパーティーに参加してしまうという恐ろしい事も。

なので服装は『お洒落に見える物』や『モテる格好』などと気負わずに自分の印象を良くする位の考えがベストです。 なのでこれから誰でも簡単に出来る自分の印象を良くするコツをお話します。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

婚活で第一印象を劇的に上げて成果を出す服装

ポイント1:無地の物を選ぶ

たまーに見かけます。 いい歳なのにプリントのTシャツとか着ちゃってる人。

チェックシャツは女子の間では着る人で印象が違うらしく、爽やかな印象という声もあればオタクっぽいという声も。 デニムに変な和柄の様な刺繍が付いている物も。 柄物の服は着こなしにアクセントを加え見た目の印象を強くさせるメリットがあります。

こんなイメージ

しかし、その印象の強さが良い方に向かう場合もあれば悪い方に向かう場合もあります。 悪い方に強い印象を与えてしまった場合は印象はマイナスで強く残ってしまいデメリットになってしまう事も。 これらのメリット、デメリットを総合して考えた場合、あまり洋服に慣れていない人やしばらく服の買い物をしてない様な人が選ぶ服は全て無地が良いです。

出展元

良かれと思って柄物を買った結果、オタクっぽいだの似合わないだの思われるのは悲しいですしお金が勿体無いです。 無地はそういうリスクが全くありません。 なのであれこれ悩んで考えるならば全身無地にした方がいいです。 柄物を取り入れるのは洋服に慣れてから考えていくのが良いでしょう。

出展元

ポイント2:ジャケットとシャツを着る

Elijah Wood Collage/Edit
Elijah Wood Collage/Edit / ElizaPeyton

ちょっと話が逸れますが、僕は自分のブログでも言っていますが女性にモテるとかウケるという服装は女性から共感される服装だと考えています。 この場合は少し違うのですが印象を良くするのに共感というキーワードは外せない物です。 そしてその共感される服がジャケットとシャツになります。

何故、ジャケットとシャツが共感されるのでしょうか?

皆さんはスーツをお持ちですか? 仕事で必ず着用する方もいれば冠婚葬祭用に1着という方もでしょう。 このスーツという物はビジネスでは勿論、フォーマルな席でも必ずといって言いほど着用が義務付けられています。 言ってみればスーツは社会的に認められた公式の服とも言えます。

女性から男性がスーツを着れば3割増しに見えるという意見もある程です。 男性のスーツ姿を好きな女性はいても嫌いな女性はほとんどいないとも言えます。 こうした面からスーツという服装は幅広い男女に認められ共感を得られる服装とも言えます。

そしてそのスーツに近いカジュアルな服がジャケットとシャツという事になります。 つまりジャケットとシャツは共感が得られやすいカジュアルな服装という事です。 どんな人が着ても印象が簡単に上がる服になります。

ジャケットはこんなイメージ

素材がカジュアルなのでカッチリしすぎない

出展元

黒は全体を引き締める

出展元

柔らかい素材なので印象も柔らかく(インナーの柄物は気にしないで下さい)

出展元

シャツはこんな感じ

シンプルな白シャツ。合わせやすい

出展元

流行でもあるデニム生地のシャツ

出展元

襟がないノーカラーのシャツも最近注目されてます。

出展元

ポイント3:足元は敢えてスニーカー

Get your sneakers off the table
Get your sneakers off the table / SGPhotography77

上着やインナーにジャケットやシャツを持ってきた場合共感を持たれるのは良いのですが、少しカッチリめな印象になってしまいます。

そんなかっちりめな印象を緩和するのが足元のスニーカーになります。 昔から『お洒落は足元から』と言われるように足元の靴は全体のトータルコーディネートで考えた時に印象を左右するとても重要な物になっています。 そういう意味でスニーカーというアイテムは単体でみるとかなりのカジュアル、スポーティな印象です。そんな印象な靴をジャケット、シャツというかっちり目な上半身と合わせる事で上手く印象を緩和する事が出来ます。

スニーカーをオススメする理由がもう一つあります。 ファッション業界全体でも東京オリンピック開催されるまではスポーティなカジュアルが主流になってくると言われています。 その内の一つがこのスニーカーという事です。 このスニーカーは昨年あたりからかなり流行になってきております。 ファッションのレディース業界でも人気で街でスニーカーを履いてあるく女性がかなり増えてきています。 先程言った共感という意味合いでもスニーカーを取り入れる事はオススメです。

スニーカーを選ぶコツとしてはシンプルな物を選ぶ事です。 スニーカーと言うとカラフルな色合いのイメージですがシンプルな物も沢山あります。 色は1~2色が良いです。

オススメのスニーカー

アディダス スタンスミス 今世の中で最も売れているスニーカーです。 女性も愛用している人が多いのも特徴です。

出展元

ナイキ エアハラチ これもシンプルでオススメなスニーカー ちょっとスポーティなデザインがジャケットとの相性をかなり良くしています。

出展元

ニューバランス ブームは2年位前でしたが未だに根強い人気のスニーカーです。定番に近くなってきてますかね。

出展元


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

まとめ

婚活では第一印象を上げられる服装をセレクト

いかがでしたか?

この記事で取り上げた物はすべて誰でも簡単に取り入れられ、婚活で相手の第一印象を上げられる物になっています。これを参考に服装での印象アップを図って婚活に臨んで下さい。

タグ 外見 服装

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者



ファッションスタイリスト・ブロガー。メンズファッションの専門家としてコンサルティングしながら、ブログ『Fashion and self-change』を運営。買い物同行、ファッションセミナー、ファッション関連記事執筆などのお仕事はブログよりお問合せ