これはやめて!女性にとって禁句のNGワード トップ10

1414
女性にとって禁句のNGワード

男性が犯しがちな女性に対する禁句ワードをご紹介したいと思います。ちょっとしたニュアンスで女性は機嫌を損ね、「帰る!」とデートを切り上げてしまうことだってあるのです。大好きな彼女の地雷を踏まないように!


これってダメなのか…目からうろこの禁句ワードはこれ!

女性が忌み嫌う男性の何気ない質問…なぜなのか解説します

男性が深い意味もなく発した言葉が2人の仲を険悪な状態にしてしまったり、最悪お別れに繋がる可能性すらある禁句ワードをしっかり理解しておきましょう。

女性は男性が思うよりはるかに複雑で繊細な感性を持ち合わせています。深読みするのはもちろん、直感や本能で「ムッ」とするのも日常茶飯事。

スマートな男性になるために、女性の気持ち・感性を理解してあげましょう。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

女性にとって禁句のNGワードトップ10

ワーストトップ10-「その服似合わないよ」

edición 8 revista Exclama - El rock de Little Ramonas
edición 8 revista Exclama - El rock de Little Ramonas / ottonassar

女性はデートのために時間をかけて着ていく服を選び、お化粧をして出掛けます。

それは大好きなあなたのため。あなたに「可愛い」と褒めてもらいたいからこそ頑張っているのに、「服が似合ってない」とバッサリ言われてしまっては、彼女はもうデートを楽しむ気持ちは皆無になってしまいます。

似合わないなと思ったら、「今日は服でも見に行こうか?」と誘い、「これ、キミに似合うと思う」などとさりげなく誘導するのが無難です。

ワーストトップ9-「今までの恋人の人数を聞く」

Generations EX
Generations EX / CocteauBoy

女性にとって過去は男性と同じようにあまり知られたくない過去もあります。

恋人の人数が少ない=真面目、清楚とは限りません。恋人の数が多くても、それぞれの恋愛を真剣にしてきた女性は本当に多いのです。男性は過去の恋人の人数で女性の貞操観念を憶測する傾向が多大にありますが、そこは男の器で彼女を信頼して下さい。

この質問はイコール「何人と経験したか」です。そんなことはこれからの二人にとって必要ない情報なのです。

ワーストトップ8-「うちに寄って行かない?」

(HQ) Modern Apartment in Kiev, Ukraine
(HQ) Modern Apartment in Kiev, Ukraine / Mikhail Golub

お付き合いを始めてそれなりの時間が経っているカップルであれば自然とセクシーな関係になるもの。それを焦って「寄って行かないか」と誘うのは、女性の警戒心を煽るだけです。

まだ早いと思っている女性がこのセリフで誘われた場合、あなたに対して性的な拒絶反応が起こり、最悪お別れとなりかねません

ここはスマートに、「今日はまだデートを終わらせたくないな」と誘うこと。言葉が違うだけで女性の感じ方も違うものなのです。

ワーストトップ7-「気軽に『うちの家族と会って』と誘う」

Older Brother and Family
Older Brother and Family / Tobyotter

女性がまだあなたとの結婚を意識していない段階から家族に紹介したいと誘うのは、とっても危険な行為です。

結婚をしたいから婚活をして出会った女性であっても、恋愛期間はしっかり確保し、2人の関係が熟成し、そろそろ…という雰囲気が自然と出てくるまで、このような非常に重いお誘いは避けて下さい。

親・家族に会わせるのは「2人の結婚への気持ちが一致したこと」をお互いに確認してからが基本です。

ワーストトップ6-「太ってきた?」

West Wittering - Sept 2012 - Mature Woman Walking on the Beach Candid
West Wittering - Sept 2012 - Mature Woman Walking on the Beach Candid / gareth1953 the original

女性は自分の体型には非常に神経質です。それをポンと「最近太ったんじゃない?」と気軽に言われては、女性は恥ずかしさと口惜しさが入り混じった感情で怒りすら感じるものなのです。

少しぽっちゃりしてきたと感じたら、「僕、最近太っちゃったみたいで、会社で言われちゃったんだよね」などと自分のことのように話題を振り、彼女が「私も!」と乗ってきたら大成功。「一緒にダイエットしようか?」と笑顔で誘うのが正解です。

ワーストトップ5-「キミの友達あんまり好きじゃないな」

Friends 2008 3
Friends 2008 3 / Marion Doss

これは彼女の自尊心を深く傷つけます。

お友達というのは女性にとって自分の分身のように大切な存在。そのお友達をあなたに紹介するのは自分のプライベートな世界を知って欲しいからです。それなのに大切なお友達をけなされたら、あなたへの愛情が薄らぐこと間違いありません

明らかに悪い友好関係なら口をはさむことも可ですが、そうでない限りは彼女自身の世界に口を出さない事が賢明です。

ワーストトップ4-セックスの後に「良かった?」と聞く

After love making
After love making / Matt Romack Photography

これは本当に野暮というもの。

この質問をされると女性はサーーーっと何かが冷めていくのを感じます。

セックスに自信がある男性はそう多くないですし、自分とのセックスが良いものだったか知りたい気持ちは十分理解できますが、ここはあえて質問の形を変えるべき。

ストレートに聞くのではなく、キミとのセックスはすごく良かった、と彼女を称賛する形で話題を振ること。それに対して彼女も何かしらの答えを返してくれるでしょう。

ワーストトップ3-「どうして〇〇出来ないの?」

Living room
Living room / quinn.anya

いわゆる「ダメ出し」というものです。

何かが出来ないことを責めても2人の関係は良い方向へ向かいません。例えば、掃除が出来ない女性なら、「どうして掃除が出来ないの?」と責めるのではなく、「一緒に片付けようか?」と笑顔で、何事でもないように誘うのがいちばんです。

大好きな彼女に完璧を求めたりせず、彼女の苦手な「何かが出来ない部分」も含めて愛してあげるのが本当の愛情です。ダメ出しは「攻撃」にも匹敵するのです。

ワーストトップ2-「今までの彼女がしてくれたみたいにして欲しい」

Crossed fingers III
Crossed fingers III / Katie Tegtmeyer

これは男のワガママ且つ今の彼女を性的な道具とみなしていると言われても仕方がない、自分勝手極まりない要求です。

元カノとのベッドでの様子なんて想像もしたくないし、ましてやその元カノと同じ行為を求められて、屈辱と悲しさを感じない女性はいません。彼女があなたから去っていく可能性99%です。

性的に満たされないのであれば、「前の彼女」の部分は必要ありません。「~して欲しい!」と甘えておねだりするのが正解です。

ワーストトップ1-「泣いてもダメだよ」

Lucy
Lucy / tudor-rose

女性が泣いているのにこれほど冷たい言葉を投げられる男性はそうそういませんが、中にはいるのです。

いくら理不尽なことで彼女が泣いたとしても、泣いていることを「女の武器だろ」と冷たく言い放つことは絶対にやめてください

泣き止んで欲しいなら、「泣いていては話が出来ないから、ちょっと落ち着こうね」と頭をポンポンしてあげる優しさを示すこと。苛立っていてもここは大人の男性として行動して下さい。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

まとめ

言い方を変えればNGワードにならない!

女性に言ってはいけない禁句ワードは、どれも言い方を変えればNGワードにならないものばかりです。人間とは面白いもので、言い方ひとつで捉え方も違ってきます。

女性慣れしていない武骨な男性は魅力的ですが、言葉まで武骨では女性は傷ついて逃げ出してしまいます。

言葉は刃にもなるものです。大切な彼女との仲を深めていくためにも、彼女を傷つける、泣かせる禁句ワードには十分注意を払ってください。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


東南アジアを中心に放浪の後、バンコクで就職。欧米人と長く付き合ったものの、やっぱり日本人のサムライと結婚したいと結論し、帰国。 独自の方法で婚活の後、特別国家公務員の妻となる。バンコクでは主にコラムニストとして活躍。恋に悩むアラサー男女を真実の幸せに導きます。公式サイト