経験者が語る、結婚したい人がまず初めにすべき7つのこと

66
shutterstock_458261161

漠然と「結婚したい」と思っている人の中には、何をどうすればいいのかわからず、第一歩が踏み出せないケースも多いようです。しかし、男性も女性も結婚願望があるならば、できるだけ早く本気で取り組む姿勢が後々の成果につながります。今回は結婚したい人が初めにすべき7つのことをご紹介します。

結婚したいなら初めが肝心!自分だけの結婚観を持って臨め

経験者の視点で考える、結婚したいならすべきこと

あなたに結婚に憧れる気持ちがあるなら、まずは自分の結婚に対する気持ちを自己分析しましょう。結婚はゴールではなく、その後に続く長い人生を左右するパートナー選びです。

相手と向き合うためにはまず自分の「結婚したい」気持ちをはっきりさせることがスタートラインになります。自分らしい結婚を手に入れるためには始めが肝心。結婚したい人が、もっといい結婚をつかむポイントを7つ結婚経験者の視点で考えてみます。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

本気で結婚したいなら自分の結婚観を磨いて出会いの場へ

結婚したい理由を書きだす

20161022_01

自分の結婚したい気持ちを、思いつくかぎり素早く書きだしてみましょう。そこから、自分だけの結婚に求める理想が見えてきます。一般的に結婚したい理由としてよくあげられる点はこちら。

  • 安心感が得られる
  • 経済的に安定する
  • 子どもが持てる
  • 老後の心配が減る

結婚したい理由から見られる結婚のメリットは、どれも人生や生活に直結したものです。まずはポジティブな結婚したい理由がいくつも自分の中に見つけられると良いでしょう。

理想的な夫婦像をリサーチ

20161022_02

結婚の先には生活があり、ゴールではなく長い道に続いていくものです。より豊かな人生を共に歩むために、自分が理想とする夫婦のあり方をふくらませてみましょう。その際に参考になるのがこちらになります。

  • ほのぼの系ホームドラマ
  • 結婚哲学の本
  • 仲良しの友人夫婦
  • 自分の両親

こうしたリサーチの中には、気に入らない夫婦像も含まれているでしょう。何か引っかかった時こそ、自分が結婚後どういう夫婦を目指しているのかを自覚することにつながります。

そして、今後結婚相手を探す際に、どういう相手を探せばいいのかを見つけるきっかけになります。

いまどきの結婚トレンドを知る

20161022_03

結婚観にはトレンドがあり、少なからず社会情勢などに未婚者の気持ちが左右されています。最近のトレンドはこういった点が挙げられます。

  • 不景気だから結婚式の費用が無駄に感じる
  • 事実婚や週末婚でもいい人もいる
  • 子どもができたことで結婚する人は3人に一人
  • 共働きを希望する人は男女問わず増えている傾向

様々なトレンド要素の中でも、経済面や女性の自立という観点から結婚後の女性の働き方に関して、ライフスタイルを含めた結婚観は重視されるようになっています。そうした状況を踏まえて結婚ご自分がどうしたのか、相手にどうしてほしいのかを考えてみましょう。

結婚相手に譲れない条件を考える

20161022_04

いつの時代も結婚相手に求める条件として内面的な条件は重視されているでしょう。こうした内面の条件は、一緒に生きていくうえで不可欠ですが、相手との時間を過ごさなければ見えてこない深い部分になります。

自分が結婚相手とどういう関係を築くかの土台にもなる大切なポイントです。例えば、こういった点が挙げられるでしょう。

  • 尊敬できる
  • 一緒にいて心地よい
  • 何でも話し合える
  • 価値観が近い

一方、婚活の場面で、数多い男性、女性の中から自分だけの一人を見付ける際には、どうしても、相手の学歴や、年収、年齢といったフィルターが必要。

婚活を始める際には、これだけは譲れない条件を2、3個持っていた方が、結婚対象になるかの判断が早くなるのは確かです。

人と一緒にいる時間を増やす

20161022_05

いつか結婚したいと思っていても、忙しい日々の中で人付き合いが面倒になり、人と深くかかわることを避けてしまうケースも少なくありません。まずは、周囲の人と過ごす時間を増やしてみましょう。

  • ランチタイムは複数の人と一緒に
  • 雑談できる相手を見つける
  • 自分から笑顔で挨拶をする
  • 相談には積極的に乗る
  • 大人数の飲み会やパーティーに出る

考えの違う人との会話や、異性とのたわいのない雑談は時間の無駄ではなく結婚後の生活を思い描くトレーニングにもなります。

一人が心地よいなと感じてきたら、ちょっと無理して人と関わる行動パターンを取るようにしましょう。

プライベートでの出会いを広げる

20161022_06

仕事上の付き合いのようにお互いがメリットデメリットで動くのではなく、個人的に知り合う練習として趣味を通じた繋がりの場を広げるのもおすすめです。こうした中から結婚につながる自然な出会いを手に入れる人も実際少なくありません。

  • 趣味のサークル
  • 運動系のサークル
  • 習い事の教室
  • セミナーなど個人的な勉強の場

また、結婚を意識した婚活では、初対面、短時間で相手とのコミュニュケーションが求められます。結婚したいと思ったら、出会いの場面をいくつも経験し、自分なりに初対面の相手と打ち解ける方法を身に付けると効果的です。

婚活の際にも自然な振る舞いができるように、プライベートで対人スキルを磨いてみてはいかがでしょう。

自分の良いところを知る

20161022_07

できるだけ早く結婚したい人は、婚活に踏み切る際に自分の良いところをたくさん知っておくと有利です。自分のことはなかなか見えないものですが、自分の良いところを客観的に見るようにしましょう。自分の良いところを知る方法としてはこういったものがあります。

  • 友人や家族に自分について聞いてみる
  • かつての恋人に言われた褒め言葉を思い出す
  • 自分の特技をリストアップする

婚活のプロフィールなどで自分の良いところを知ってもらった結果選ばれるなら、相手とのマッチングはかなり高くなるでしょう。一緒にいるとどんな良いことがあるか売り込むポイントを知ることは、結婚を意識した活動をする前に大きな意味があることです。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

あなたはどんな結婚したい?深く考えるきっかけに

自分らしい結婚観を研ぎ澄ますことがカギになる

男性も女性も結婚したいと思ったときが、婚活の始め時です。人との出会いを大切にして、出会いの場を広げましょう。それと同時に、結婚に対する自己分析も行ってみてください。

まずは、自分の結婚観を自覚することがより良い結婚への近道になります。結婚はゴールではありません。その後の幸せな生活のために、結婚したい理由について深く考えてみませんか。

タグ 成功

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


元社長秘書の既婚WEBライター。アラサーからアラフォー等身大の数々の声と、データをもとにブライダル・婚活関係の記事を多く執筆。女性が強いフランスの恋愛模様が好きで、映画を字幕なしで見るのが趣味。特技は速読、恋愛や結婚について日々考察しています。