現代の結婚事情。結婚するにはどれだけの貯金が必要?

251
Portrait of young handsome man buttoning jacket with beautiful y

結婚するには、結婚届を自治体の窓口に出すだけで法的には済みます。しかし、実際は様々なものにお金が必要になり、全く貯金がない状態では結婚することは難しいでしょう。ここでは、現代の結婚事情ということで、結婚するにはどのくらいの貯金が必要なのか考えていきたいと思います。

貯金の理想と現実

女性は男性に多額の貯金を求めがち

婚活をするとよく分かりますが、女性が男性に求める年収と、実際に多くの男性が稼いでいる年収には大きなかい離があります。これについては、今回は触れませんが、貯金額についても大きな差があると言えるでしょう。

ある調査によると、男性が結婚するにはどのくらいの貯金が必要か=結婚資金として考えている金額は以下の通りです。

  • 50万円未満 3.4%
  • 50万円~100万円未満 10.9%
  • 100万円~300万円未満 35.3%
  • 300万円~500万円未満 32%
  • 500万円~1000万円未満 10.2%
  • 1000万円以上 8.3%

 

一方で、女性が結婚相手の男性に求める貯金額はこれよりもはるかに高いものとなっています。

  • 100万円未満 2.3%
  • 100万円以上~200万円未満 6.4%
  • 200万円以上~300万円未満 10.5%
  • 300万円以上~400万円未満 13.2%
  • 400万円以上~500万円未満 10.5%
  • 500万円以上~600万円未満 19.6%
  • 600万円以上~700万円未満 5.3%
  • 700万円以上~800万円未満 4.5%
  • 800万円以上~900万円未満 3.4%
  • 900万円以上~1000万円未満 3.0%
  • 1000万円以上 14.0%

 

つまり、男性が考えている結婚するための貯金額の平均が300万円前後なのに対して、女性はその倍の500万円~600万円を求めていることが分かります。

これは・・・、年収以上にミスマッチが起きそうですね。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

結婚するにはどれだけの貯金が必要?

1.実際の貯金は予想よりもはるかに少ない

20160724_01

まず、実際の独身者の平均貯金額を見てみましょう。

http://news.livedoor.com/article/detail/9773422/

このデータによると「20代、30代の未婚男性の貯蓄額」は以下のようになります。

  • 100万円未満 6.4%
  • 100万円以上~200万円未満 11.8%
  • 200万円以上~300万円未満 32.1%
  • 300万円以上~400万円未満  26.8%
  • 400万円以上~500万円未満 17.2%
  • 500万円以上~600万円未満 3.0%
  • 600万円以上 2.7%

一番多いのは「200万円以上~300万円未満」ですね。これは結婚資金だけではない貯金も含んでこの金額ということになります。

つまり

  • 女性が望む結婚資金 500万円~600万円
  • 男性が考える結婚資金 300万円前後
  • 実際の男性の貯金平均 200万円~300万円

全然足りていないことが分かります。さあ、どうしましょう。

2.実際にはどのくらいかかるの?

20160724_02

結婚する人が考える貯金と実際の貯金額にはかなり差があることが分かりました。結婚するには果たしてこれだけのお金がいるのでしょうか?

結婚といえば、結婚式や披露宴、新婚旅行などのイベントが目白押し。まず、これらのお金を準備したいですね。

リクルート ブライダル総研「ゼクシィ結婚トレント調査2015」調査によりますと、結婚式などのイベントにかかる費用の平均は以下の通りになります。

結納、結婚指輪、挙式、披露宴、新婚旅行:平均460万7000円
披露宴での招待客のご祝儀総額:平均227万1000円

費用-ご祝儀=約235万円は持ち出しになります。

もちろん結婚にかかる費用はそれだけではありません。新居への引っ越し、家具の購入などで約50万円。その他予備費用として50万円。合計で350万円程度は少なくとも持っていないと安心できなそうです。

3.親の援助は期待できるの?

20160724_03

結婚式などには親の援助がある場合もあります。同じ「ゼクシィ」の調査によると、結婚にあたり親の援助があった人が約7割、援助の平均金額が162万4000円となっています。

これがあれば、2人で200万円あれば結婚式やその後のイベントができそうですが、逆に考えると3割のカップルでは親の援助が期待できません。やはり双方の家庭の事情というものがありますから、最初からこれを当てにするのは良くないのかもしれません。

もちろん、裕福な家庭で結婚にかかる費用全部親が負担、というケースもあるでしょうが、こういうのはレアケースとして考えないでおきましょう。

4.では実際にどのくらい貯めればいいの

20160724_04

結婚式やイベントで貯金を全部使ってしまうわけにはいきません。生活費もありますし、当面急な出費が発生する可能性もあります。

色々な意見がありますが、結婚するには、カップル2人で250万円のラインは超えておきたいものです。「地味婚」など結婚式にお金をかけない方法もありますが、一生に一度の(はずですよね?)イベントを盛大にやりたいのもまた人間の本心だと思います。

色々場所や日取りを工夫すればある程度値段を下げることができるでしょう。呼ぶ友人も厳選して、数を呼んで盛大にやらなければ費用は抑えられます。

また、もし結婚後にマイホームの購入などを考えている場合は、頭金などでさらに300万円程度必要だと言われています。これだと意外とかかるんだなぁというのが分かるかと思います。

もちろん、式も挙げない、旅行にもいかない、結婚式も親族のみというやり方もあります。そういう価値観の人も増えているので2人がその価値観なのであれば問題ないと思います。

5.男性だけに貯金を頼らないでください

20160724_05

収入の差もありますが、女性も一方的に男性側の貯金だけに頼らないようにお願いします。もちろん収入に応じて「傾斜配分」をするのはいいと思いますが、結婚は男女が対等に生涯の契約を結ぶものです。

一方的に男性側に金銭的に「おんぶにだっこ」で結婚してしまうと、結婚後も心理的、経済的に男性の下に置かれてしまいます。経済問題で離婚する人は意外と多いのです。

ですので、結婚前にお互いの経済的価値観をすり合わせておく意味でも、女性側が出せる金額を確認しておきましょう。

結婚は2人で行うものです。男性が全て取り仕切るものではありませんので、そこは意識してみてください。男性は女性に「○○○万円負担してくれ」とは決して言わないはずですよ。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

結婚するには貯金が必要だけれども・・・

それを乗り越えられるのもまた結婚です

結婚した時はお金がなくて式を挙げられなかった夫婦が、数十年後に成人した子供たちの援助で結婚式を挙げるというケースもTVなどで見ますよね。

婚活をして条件面を考慮した結婚の場合は、なかなかそうはいかないかもしれませんが、お互いに好きで結婚したい場合、結婚するにはいくら必要か?という金銭面は考えないかもしれません、愛の力は偉大ですね。

とはいえここは婚活のコラムですので、そうはいかないと思うので、目安となる金額を上げてみました。婚活が長期化すれば貯金も減っていってしまいます。

婚活貧乏にならないようにメリハリある婚活をしていただき(このサイト掲載の婚活メディアを使っていただき)、結婚式やそのイベントのためにしっかりと貯金をしておきたいものですね。

ある程度貯金があれば、あとは婚活であっても愛の力で乗り越えられると思います!

タグ 年収

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆中。自分自身の婚活の価値がゼロになってしまったため、再起を図るべく活動中。