これがベストタイミング!お見合いから結婚までの期間とは?

1769
young loving couple, bride and groom, on their wedding day on we

お付き合いしてから結婚までにどのくらいの期間が必要なのか、基本的には当人間の問題ではありますが、やはり一定の目安というものは存在しています。特にお見合いの場合は「早期決断」が必要になります。

交際~結婚までの実際とお見合いの特殊性

結婚までの期間は意外と長いのが現状

結婚までどのくらいの期間が必要なのかは、調査する期間や対象によって異なっていますが、いちばん信頼できそうな国の調査「第14回出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所/2010年)」では、通常の恋愛結婚の場合、交際の平均的な期間が4.4年だというものがあります。

これが一番新しい調査なのですが、昔と比べると交際期間が長くなる傾向にあるようです。恋愛期間の場合が約4年半なのですが、お見合い結婚の場合はこのくらいの期間交際をするというのは適当ではありません。

「お見合い」とう独自の婚活システム上、少なくとも1年~1年半で結婚することが適当であると言われています。ベストのタイミングで考えるとお見合いから「1年」です。なぜ1年という短期決戦で勝負しなければいけないのか、次の項で説明いたします。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

お見合い結婚を1年で決める必要

恋愛ではなく結婚を目的にしている

baird wedding 2012
baird wedding 2012 / lindsmae

一番肝心なのは、お見合いは恋愛相手を探すのではなく、結婚相手を探すための制度だということです。恋愛を楽しむ人ではなく、結婚生活を送ることができる人を探すわけで、結婚が可能だと考えれば、素早く決断をしなくてはいけません。

夫婦ではなく恋人関係を楽しみたいのであれば、そもそもお見合いという制度を利用する必要はありません。これがお見合い結婚の大前提です。

お見合いのルール的な問題

Kimono Blue
Kimono Blue / sektordua

明文の規定はお見合いにはもちろんありませんが、以下のような暗黙のルールがお見合いにはあります。

最初のお見合いから長くても3か月以内に「本交際」=「結婚を前提としたお付き合い」をするかどうかを判断する。

そこから逆算すると1年という期間は適当な数字として表れてきます。

お見合いは恋人探しの手段ではありませんから、なるべく早い段階で「この人と結婚できるかどうか」を判断します。本交際とはそうした恋人&夫婦としてやっていけるかどうかの価値観を判断する段階です。

結婚を前提としているお付き合いを何年も引き延ばしても意味がない、ということです。

なお、本交際に至る前ならば、複数の人とお見合いすることは可能です。ただし、本交際の段階でその人に絞ることになります。

相手を長期間拘束できない事情

The Lovers
The Lovers / Brron

結婚を前提としたお付き合いをするということは、その期間相手はあなたとの交際に専念することになります。当然、何年も交際を引き延ばした挙句、別れてしまったということになれば、相手の数年を奪うことになります。

お見合いをする年齢の数年間は非常に重要なもの。その期間を大切にするためにも、脈がない、価値観が合わないと思えば早期に判断をして、新しい出会いを見つけなければなりません。

相手の価値を下げない、という礼儀もあり、お見合いは早期決着が必要になるというわけです。

お見合いをめぐる世間体の存在

Lovers
Lovers / Nick Harris1

「世間体」という言葉は好きではありませんが、結婚相談所ではないお見合いの場合、昔の価値観を引きずるところがあります。

仲介人がお見合いのお世話をするわけですが、これは結婚相談所のように登録されている会員からマッチングするのではなく、その人の個人的なつながりで見つけてきます。従って、どちらも良好な人間関係があって成立するものがお見合いです。

従って、長期間付き合って破局になってしまうと、傷が深くなり、当人間だけではなくその周囲の人間関係、つまり、世間体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

その間に不誠実な行為があれば、大事になってしまいます。そうならないように結婚するかしないのかを早めに判断します。

断るのであれば傷の浅いうち、つまり本交際に至る前に「ご縁がなかった」という形で、角を立てずに断ることが必要になります。

相手の「ステータス」と結婚するという制度

Salford Business School launches unique open access online course
Salford Business School launches unique open access online course / University of Salford

恋愛結婚は相手を何らかの経緯で好きになり、恋人期間を経て結婚に至りますが、その中では相手の年収や社会的地位を超えて結婚に至ることがあります。それは素晴らしいことですが、お見合いの場合はそうした相手の事情は事前にすべて把握したうえで出会います。

言うまでもなく、相手の写真や年収、学歴、職場などについては「釣書」によって把握しています。それを含んだうえで結婚の相手として会ってみよう、と言うのがお見合いですので、例えはよくないかもしれませんが「相手のステータス」と一緒になるということを含んでいます。

男性ならば勤務先の安定度や年収、女性ならば年齢や容姿、それだけではもちろんありませんが、恋愛結婚では得られない相手を自分のステータスで釣り上げるのがお見合いです。「釣書」という言葉もそうした意味を含んでいますね。

お見合い結婚での相手への評価方法

Business Class
Business Class / Tulane Public Relations

恋愛結婚の場合、相手への好感度がマックスの状態で結婚に至ります。平均4年半というのも、その期間で愛を育んでお互いに好きになって好きになって、幸せの絶頂で結婚するケースが多いのです。

しかし、幸せの頂点で結婚するため、その後相手の欠点や隠されていた性格などがわかってしまい、好感度が下がり離婚に至るというケースも少なくありません。ご存じのように、現在では結婚した3組に1組が離婚しています。

恋愛結婚は「減点法」という意味合いが強いのです。

一方お見合い結婚は違います。最初から好きで付き合うわけではありませんので(この人でもいいかな?的な認識です)、付き合いっていく中で相手の良いところを見つけていきます。従って結婚式が幸せの頂点ではありません。

結婚式を経て、相手をどんどん好きになっていくという例も多く存在しています。結婚までの期間を長くとる必要はここではあまりなく、「この人とならやっていけなくもない」という最低限の許容からスタートするのがお見合い結婚です。

従って、お見合いは「加点法」。1年で結婚して相手の良いところをどんどん見つけていきます。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

価値観は共有していくことがお見合いでもできます

お見合い結婚のほうが離婚しません

以上、お見合いの場合、1年(あるいは1年半)で結婚するべきだという理由を考えました。まとめると以下のようになると思います。

・「無理ではない」人と結婚するのがお見合い

・長期間交際する必要はない

・結果的に加点法になる

確実な統計データではありませんが、結婚相談所調査では、お見合い結婚のカップルの離婚率は、恋愛結婚のそれと比べて、3分の1程度だと言われています。

これは、上記のようにお見合い結婚は「加点法」であるため、相手の欠点から関係に亀裂が入る可能性が低いということが挙げられます。

理性的に「結婚」というものを考えて交際するため、交際期間が1年であってもうまくいきます。むしろ早期に結婚をして、お互い理解しあえる結婚生活に入るのがより好ましいというのがお見合い結婚です。それが「1年」という数字になります。

イメージとしてはこれがモデルになります。

・お見合い
↓(長くて3か月)
・本交際
↓(約3か月)
・プロポーズ
↓(半年)
・結婚

現在では恋愛結婚が9割、お見合い結婚が1割です。しかし、これを読んでいただくとお見合いも捨てたものではないということがわかると思います。もし、お見合いが可能な状況であれば、是非ともお願いしてみるのも良い経験になると思います。

タグ 婚約

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆中。自分自身の婚活の価値がゼロになってしまったため、再起を図るべく活動中。