男の自分磨き、誰でも実行できて婚活に有利になる15の方法

250
男の自分磨き

男性の多くが、自分磨きって、いったい何を磨くんだ?と、難しく考えてしまって、なかなか自分磨きに挑戦できずにいるようです。しかし、自分磨きは意外と簡単。今日からできる、自分磨きの方法をご紹介いたします。

最初に「いいね」してみましょう

男でも自分磨きをする必要があるの?

あなたは素敵な人と出会ったとき、自信をもって会話できますか?

Just smile.
Just smile. / KendraMillerPhotography

まずは、なぜ自分磨きをする必要があるのか考えてみましょう。

婚活は、文字通り結婚相手を探すこと。結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトなど、婚活をしていると女性と話をすることが多くなってきます。いざ、自分の好みの女性に出会ったとき、あなたは自信をもってその女性と話ができますか?

女性は特に会話を重視します。緊張して何も話さない、会話が盛り上がらないなど、こうした男性の態度は、恥ずかしいからという理由が挙げられますが、実はその裏には自信のなさが隠れています。自分に自信がないから、気後れしてしまい、会話が弾まないのです。

せっかくの出会いのチャンスを逃さないためには、自分に自信を持つことが大切。

自分磨きをすると、自分に自信を持つことができ、かつ話題も豊富になりますので、是非挑戦してみましょう。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

実は簡単な自分磨き。婚活に必要な15の方法

外見編

Filipe Valerim
Filipe Valerim / ToniProtto

>ポイント1・姿勢を正す

歩いている時、電車やバスで座っている時、デスクで仕事をしている時。自分がどんな姿勢か一度意識してみてください。ほとんどの人が猫背になっているはず。姿勢が悪いとなんとなく暗い印象に。頭のてっぺんから紐で引っ張られているようなイメージで背筋をピンと伸ばしてみましょう。

>ポイント2・メガネを変えてみる

そのメガネ、いつから使っていますか?3年以上同じメガネをかけている人は是非、新しいメガネを。メガネにもトレンドがありますので、新しいスタイルのメガネをかけて、流行を取り入れましょう。メガネをかけない人、コンタクトレンズの人も、たまにメガネをかけると、印象が違ってオシャレですよ。

>ポイント3・ファッションに小物を取り入れてみる

オシャレになりたいけど何をしたらいいかわからない、ファッション誌に載っているような流行の服を買ってもなかなか着こなせない。そんな時は、いつもの服装に小物をプラスしてみましょう。特に、ストールはお値段もリーズナブルなものが多く、一年中使えるアイテム。ベーシックなグレーやネイビーを1本持っておいて、サッと巻く。簡単なのに、一瞬でオシャレになれる最強のアイテムです。

>ポイント4・こだわりのアイテムを一つ身に着ける

洋服、靴、鞄、時計、何でもいいので、ずっと大切に使えるアイテムを一つでいいので身につけましょう。ブランドにこだわる必要はありません。あくまでも物にこだわりを。こだわりのアイテムを大切に使っている様子は、物を大切にする=女性を大切にするという印象につながります。

身だしなみ編

Shiny Boots
Shiny Boots / JefferyTurner

>ポイント5・美容院に行ってみる

男性の清潔感を印象付ける髪。中学時代からずっと同じ散髪屋に通ってる。という男性も多いのでは?それも悪くはありませんが、是非一度「美容院」に足を運んでみてください。男性のヘアスタイルにもトレンドがありますし、美容師さんと髪型について話をするだけでも自分の髪型への意識が変わります。ヘッドスパなどで毛根に詰まった汚れを取ってもらうえば頭皮もすっきり。清潔感もアップします。

>ポイント6・靴を磨く

毎日履く靴。忙しいとどうしても靴を磨くのを忘れてしまいますね。もともとは艶のある革だったはずのビジネスシューズも、磨かなければどんどんくすんでいきます。もちろん、革に限らず、どんな靴でも汚れていては印象も台無し。小まめに手入れをしておけば、いざというときに焦らずに済みます。

>ポイント7・ポケットにハンカチを

ポケットにハンカチは入っていますか?女性がハンカチを持って歩くのは当然なのですが、男性はほとんどの人がハンカチを持っていません。男性はお手洗いで手を洗った後、どうやって手を乾かしているのか不思議だ、とガールズトークの話題になることもしばしば。エチケットとして、是非ハンカチを携帯するようにしましょう。

>ポイント8・爪を切る

清潔感が出るポイントのナンバーワンと言ってもいいほどチェックされている「爪」。短く切りそろえられている爪は清潔感があって好印象です。男性の爪の場合、白い部分が2ミリ以上になると、爪がのびている印象になるようです。週に一度は爪を切って伸びすぎてしまわないようにしましょう。

生活編

Running Styles
Running Styles / Chris Hunkeler

>ポイント9・週に一度は運動をする

婚活世代は働き盛り、毎日朝から晩まで忙しく働いています。土日はその疲れを癒すべく、どこにも出かけずずっと家で映画鑑賞。そんな生活を送っていませんか?疲れているのは仕方のないことですが、運動をしないと基礎代謝が下がり、もっと疲れやすい体になってしまいます。ジョギングやウォーキングなら、自分の好きなタイミングで運動できるのでオススメです。

>ポイント10・柔軟剤にこだわってみる

最近は香り付きの柔軟剤がとても多くなり、値段もお手頃。せっかくなので香り付きの柔軟剤を使ってみましょう。いい香りのする男性は女性からも好印象。衣服からいい香りがするということは、洗濯をマメにしていることがわかるので、清潔感を印象付けることができます。

>ポイント11・カフェを開拓する

いつか行くであろう、デートのためにオシャレなレストランを何軒かリサーチするのは一人では難しいですよね。でも、カフェなら一人で入れますし、コーヒーを1杯飲むだけで済むので経済的。人気のスイーツ情報なども入手できます。ゆっくり過ごせる穴場のカフェを知っているなんて、女性からの印象がよくなること間違いなしです。

>ポイント12・自炊してみる

彼女の手作り料理にあこがれつつ、いつも牛丼、ラーメン屋、コンビニ弁当・・・。ならば、自分で作ってみてはいかがでしょう。今はネットで男性向けのレシピがたくさん検索できます。まず手始めに、素材を切って煮込むだけのカレーやシチューを。失敗が少ないのでオススメです。作り方をマスターしていつか彼女に作ってあげましょう!

>ポイント13・肌の乾燥を防ぐ

毎日ひげをそる男性はそれだけ肌に負担をかけています。冬場などは空気が乾燥しますので、カサカサと粉を吹いたりすることもありますよね。あまり印象のいいものではありません。ひげをそった後は、アフターシェーブローションで保湿しましょう。

内面編

LOL
LOL / CarbonNYC [in SF!]

>ポイント14・笑顔を増やす

自分以外の人と話をするとき、笑顔で話をしていますか?また、コンビニの店員さんなど、全くの他人とのコミュニケーションがぶっきらぼうになっていませんか?日頃の笑顔が少ないと、女性と話をするときも笑顔が出にくかったり、最初は笑顔を意識してもそのうち減ってしまったり。日ごろから「笑顔を増やす」ことを心がけましょう。にっこり口角を上げるだけでOK。笑顔は心に余裕がある証拠。女性に安心感を与えます。

>ポイント15・「お先にどうぞ」をやってみる

エレベーターにから降りるとき、女性が乗っていたらどうしていますか?我先にと降りてしまっているなら、是非「お先にどうぞ」と、女性に先に降りてもらうクセを付けましょう。日本にはレディーファーストの文化がありません。だから余計にこうした気遣いが目立つので好印象につながります。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

自分磨きでワンランク上の男を目指そう

日常に自分磨きのネタはいくらでもある

いかがでしたか?

自分磨きというと、何だか難しいイメージがありますが、実は日常の中でできることは沢山あります。自分磨きは日常をほんの少し高めようと意識するだけ。誰だって急に変わることはできません。

また、自分磨きは、女性との会話の話題にもなります。少しずつトライしながら、自信をつけて、今よりワンランク上の男を目指しましょう!

タグ モテる

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者



婚活で運命の相手と出会うためのノウハウ、心構え、体験談、ニュースなど発信する婚活情報マガジン「まりおねっと」の編集部