プロ直伝!婚活パーティーでの出会いを結婚に導く会話術

1163
パーティーでの出会い

婚活男子&女子必見情報! 地味で目立たなかった人が、婚活パーティーで急にモテるようになった理由とは? その秘密は、パーティー開始前のちょっとした仕掛けと、パーティー開始後の会話術にありました。すぐに実践できる3ステップの攻略法で、あなたも婚活パーティーの出会いを結婚へとつなげましょう!

お見合いより気軽で、合コンよりも真剣な出会いの場。それが婚活パーティー!

婚活パーティーの必勝法は存在する?

お見合いよりも気軽で、合コンよりも真剣な出会いの場。ちょうどそんな位置にあるのが、婚活パーティー(お見合いパーティー)です。婚活パーティーには、さまざまなタイプの人が参加しているのが特徴です。「真剣に結婚相手を探そう」と勝負をかけて参加する人、「今すぐ結婚!とは思わないけれど、素敵な出会いがあれば、結婚を前提におつき合いしてみたい」という人、「婚活初心者だから、とりあえず婚活パーティーがどんなものか知っておきたい」という人まで、参加者の温度差はそれぞれ違います。

「どうせパーティーに参加するなら、少しでもモテたい!」
「多くの人の印象に残りたい!」
「素敵な人と出会ってカップルになりたい!」

参加者のさまざまな思いが渦巻き、ぶつかり、熱き死闘(ちょっと大げさ?)を繰り広げる、婚活パーティーという戦場。これまで、婚活パーティーに通算19回参加した経験をもつ、33歳の有美さん(女性/仮名)が実践で培った方法や、結婚相談所の取材をもとに、婚活中の男子・女子ともに役立つ、パーティーで絶対にモテる必勝法を紹介します。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

婚活パーティーの出会いが幸せな未来へ、目からウロコのコミュニケーション

ステップ1:勝負の行方は、パーティー開始前から始まっている!

婚活パーティーの流れに沿って、自分を相手に印象づけるための仕掛けや工夫をマスターしましょう。

【受付開始】

受付で名前を伝え、免許証や保険証などで本人確認を済ませたら、ナンバープレートをもらいます。パーティー開始時間ギリギリでなく、余裕を持って早めに到着するのが、心理的に絶対有利。参加者の観察をしたり、プロフィールカードに記入したり、ヘアメイクをチェックするなど、パーティー開始までの時間を有効に使いましょう。

【プロフィールカードに記入】

パーティーによって形式や項目は異なりますが、学歴、勤務先、年収、資産、身長、資格、マイカー車種、婚歴といったスペック的な要素から、特技、趣味、休日の過ごし方、好きな映画、初デートで行きたいところ、子どものころに好きだった遊びなど、キャラクターがダイレクトに伝わる項目も多くあり、かなりのボリューム。すべてをきちんと埋めなければいけないわけではありませんが、なるべく空欄のないようにしておくと、婚活への真剣度が伝わります。

また、「音楽鑑賞」「旅行」といった優等生的な答えは、なかなか相手の印象に残りません。もうひと工夫して「最近、なぜか郷ひろみのよさに気がついた」とか「温泉巡り。一番のお気に入りは有馬温泉です」など、相手がツッコミを入れたくなるネタ的要素を入れておくと、覚えてもらいやすく、話題も盛り上がります。

ステップ2:パーティー前半のカギはブレイクタイム、思わぬ出会いのチャンス

さあ、パーティーが始まりました。まず、絶対に忘れてはならないのが、笑顔でいること! 笑顔は、多くの人の心を包み、気持ちを和らげ、親しみや安心を感じる効果があります。あなたが明るく笑顔で話しかけるだけで、だれもが好感を持つでしょう。

【1対1のトークタイム】

よく見られるのが「回転寿司形式」とよばれる、1対1のトークタイム。10~30人の男女が椅子に座り、約10分間隔で男性が隣の席に移動して、全員と話ができるシステムです。その際、先ほどのプロフィールカードを交換し、それを見ながら会話をふくらませていきます。本当にあっという間に終わってしまうので、「いいな」と思った人のナンバーを、さっとメモなどに控えましょう。「5、温泉巡り」「8、出身が同じ」のように、キーワードを添えておけば、「ああ、あの人だ」とすぐに会話の記憶がよみがえります。

【ブレイクタイム】

パーティーの途中に、休憩時間として、お手洗いに行ったり、飲み物をいただけるブレイクタイムが入ることがあります。じつはこの時間、かなりのチャンスです! ぼーっと休憩していたらもったいありません。「いいな」と思っていた人のところに行き、「飲み物、取りに行きませんか?」「ちょっとお話してもいいですか?」と、積極的にアプローチしてみましょう! もちろん、明るい笑顔は忘れずに。第一印象のあなたのイメージがさらにアップすること間違いなし!

ステップ3:パーティー後半戦突入!コミュニケーションのコツは「ほめる」こと!

いよいよ婚活パーティーも大詰め、後半戦を迎えました。ここでは、あなたのコミュニケーション能力を最大限に発揮! 男子も女子も、地味に控えめに話しかけられるのを待つ……なんて意味がありません。積極的に自分から声をかけましょう!

【フリータイム】
前半のトークタイムで、もっと話をしてみたいと感じた人、またはあまり話せなかった人と会話ができる時間です。とにかくこの時間が勝負の分かれ目! さあ、どんどんコミュニケーションを取りに行きましょう。まず会話の糸口となるのは、プロフィールカードをもとに出てきた、相手との共通点。「私も名古屋出身なんです!」「ぼくも学生時代は旅行サークルだったんです」なんて、共通の話題は相手を和ませ、自然と話に花が咲きます。

もう一つのカギは、相手を「ほめる」こと。筆者が大阪にある結婚相談所「ヴィーノ」の香川浩樹社長から伝授していただいた、とっておきの「ほめかた三原則」を紹介しましょう。(『ハローキティーの幸運をよぶ恋と婚活ブック/東邦出版』より抜粋)

■ほめかた三原則

  1. すぐほめる
  2. 具体的にほめる
  3. 感情をこめてほめる

たとえば、女性がある男性との会話にこまったとき。すぐに何かをほめてみましょう。彼の着ているジャケットに注目し、「素敵なジャケットですね」と笑顔でほめます。これなら、すぐにできそうですよね。そこに具体性を加えて「爽やかなブルーのジャケット、似合ってますね」とほめると、さらに素敵! こんなふうにほめられた男性は、とてもいい気分になり、ほめてくれた相手に好感を抱くでしょう。さらに上級テクでは、ここに感情をプラスします。「私、そういう着こなしって好きです」と。 どう? こんなことを言われたら誰だってハートがときめきますよね。

ただ何となくほめるのでなく、具体性や感情をこめてほめると、人の心は動きます。コミュニケーションに困ったら、とにかくほめてみる。きっと相手の心に好印象を残せるはずです。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

まとめ:パーティーの出会いが結婚のきっかけに!開始前、前半、後半の3ステップ!

今日から使える、婚活コミュニケーションテクニック

  • ステップ1・・・勝負の行方はパーティー開始前から始まっている。とくにプロフィールカードの記入は重要。相手がツッコミやすいように、キャラクターを紹介する項目は、ちょっとハズして書くのがおすすめ。
  • ステップ2・・・パーティー前半は、1対1のトークタイムで「いいな」と思う人がいたらきちんとメモ。その後のブレイクタイムで積極的に話しかけよう! 明るい笑顔は忘れずに!
  • ステップ3・・・パーティー後半は、コミュニケーション能力を最大限に発揮する場。会話のコツは、共通点を見つけて急接近することと、感情をこめて「ほめる」こと。

ちなみに、婚活パーティーに通算19回参加したという有美さんは、もともと控えめでシャイな性格でした。パーティーに参加しても、あまり話題が弾まないと悩んでいましたが、この3ステップを17回目あたりから実践するよう心がけたところ、男性陣からのアプローチが急増! ついに19回目のパーティーで、現在の彼氏と出会うことができました。

素敵な出会いがありますように!

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


元新聞記者で、「書く・飲む・しゃべる」が何より好きな、自称人情派の文筆家。コラムニスト。 婚活、結婚、子育て、教育、生き方など、現代人のライフスタイルについて、さまざまなメディアで取材・執筆活動を展開中。ブライダル司会者として多くのカップルの披露宴を演出した経験多数。絵本研究家、童話作家の顔も持つ。