これが今の日本!成人している男女の結婚年齢の差とは?

264
zusammen geschenke kaufen

「晩婚化」が叫ばれている昨今ですが、ここでは絶対的な結婚年齢の他に、男女の結婚年齢の差について考えてみたいと思います。一般的に結婚年齢は男性>女性と言われていますが具体的にどんな感じになっているのでしょう。意外と知らないことが分かるかもしれません。

厚生労働省の調査による結婚年齢の推移

男女の結婚年齢の差が縮まっている

厚生労働省(過去は厚生省)による「人口動態統計」によって平均初婚年齢が示されています。以下で具体的に見ていきましょう。

     男  女 年齢差
1910年 27.0  23.0 4.0
1930年 27.3  23.2 4.1
1940年 29.0  24.6 4.4
1955年 26.6  23.8 2.8
1975年 27.0  24.7 2.3
1985年 28.2  25.5 2.7
1995年 28.5  26.3 2.2
2004年 29.6  27.8 1.8
2011年 30.9  29.3 1.8

この推移からわかることは以下の事実です。
・男性の結婚年齢はそこまで上昇していない
・女性の結婚年齢が大きく上昇している
・結果として男女間の結婚年齢の差が縮まっている

ということですね。1940年に結婚年齢が一時的に上昇しているのは、いうまでもなく戦争の影響です。若い男性が戦場へ駆り出されてしまったので結婚する機会がなく、相手の女性も結婚できなかったということです。それを除けば流れは一貫しています。

昔の古い習慣が徐々になくなってきて、女性が社会進出することで無理やり結婚させられる、結婚へのプレッシャーがかかるということがなくなってきた結果です。また、男性も「嫁を貰って一人前」という周囲からの圧力もなくなってきました。男女とも自由に恋愛ができる環境になってきたことの表れですね。

ではこうした流れをもう少し深堀りしてみましょう。


[人気記事] 彼氏欲しい~と嘆く社会人が理想の相手を見つける20の秘訣

男女の結婚年齢の差が縮まった背景とは?

「女性は家で」の価値観の減少

Beautiful Couple with Phone
Beautiful Couple with Phone / epSos.de

「女は家庭を守るもの」という古い価値観がなくなってきたことが一番大きいと思います。社会に出て働くことで、結婚し夫に依存しなければ生きていけないという現状がなくなりました。

働きたい人、自分で活躍したい人は30歳を過ぎても好きなことができるようになりました。特に家庭科を男女ともに習った世代からはこうした価値観が大きく減少していることが、アンケートなどでもわかっています。

平均交際期間の長期化

A happy couple and a happy photographer
A happy couple and a happy photographer / BurgTender

結婚する前に恋人としてお付き合いする期間が、現在では4年を超えています。すぐに結婚しなくても周囲も許容しますし、本人たちも楽しいのでそれでいいのですね。「結婚を前提としない成人のお付き合い」も社会的に問題にならなくなってきていると言えます。

また、交際期間が長いということはもし途中で別れてしまうと、また別の人を探して1からやり直すことになります。当然、さらに結婚年齢は遅れてしまいますね。

お見合い結婚の減少①

Couple - Day 111/365
Couple - Day 111/365 / nadineheidrich

かつては7割あった「お見合い結婚」ですが、現在では約5%ほどだと言われています。お見合いの場合、特に女性は必ずしも職を持っている必要はなく若ければ若いほど価値があると言われていました。

したがって10代後半や20歳前後でお見合いをして、一度も就職することなく結婚する女性たちが一定割合いたため、そうした人が平均結婚年齢を下げていたとも考えられます。お見合いの減少によってそうした要因はなくなったのですから、結婚年齢が上がっていきます。

お見合い結婚の減少②

couple at nargile lounge
couple at nargile lounge / j.o.h.n. walker

もう1つお見合い結婚で意味があったのは、なかなか異性と接することが苦手な「奥手」な男女であっても、周囲が強引にくっつけて結婚させていたという事実です。本人たちが動かなくても周囲が外堀を埋めてくれるので結婚しやすかったのですね。

お見合い結婚をお世話する人が減っているので、お見合いの機会も少なくなっています。自由恋愛は対人スキルがある人にとっては良いのですが、そうではない人によっては以前よりも結婚までのハードルが高くなっています。

モテない人はとことんモテなくて、頑張っても結婚できず、平均結婚年齢を上げている要因になります。

女性の経済的自立

Woman aircraft worker, Vega Aircraft Corporation, Burbank, Calif. Shown checking electrical assemblies  (LOC)
Woman aircraft worker, Vega Aircraft Corporation, Burbank, Calif. Shown checking electrical assemblies (LOC) / The Library of Congress

1986年に施行された「男女雇用機会均等法」によって、「女性は総合職になれない」ようなことはなくなりました。実際の運用ではまだまだ差別があるようですが、能力さえあれば男女関係なく同じ仕事、同じ収入を得られるようになりました。

「結婚までの腰掛け」で就職してすぐに結婚するよりも、働いていたほうがお金を得られて好きなことができるようになったためあえてすぐに結婚しなくてもいいじゃないか、とう認識ができました。

経済格差

Standing out in the city
Standing out in the city / Street matt

派遣社員、非正規雇用などの問題は女性だけのものではなく男性も直面しています。要は結婚できるだけの収入を若くして得にくくなっているのです。

ある調査によると、男性の年収と結婚している人の割内には相関関係があり、同じ年齢で考えた場合、年収が高い人ほど結婚しています。つまり、男性が考える「結婚可能な収入」に到達できる人の年齢が高くなっていると考えることもできます。

また、経済格差は「婚活」へ投資できるかどうかの格差にもなります。結婚相談所やお見合いパーティでは特に男性は「正社員」「一定以上の年収」が要件にあるところもあり、婚活したくてもできない→結婚相手が見つからない層がいることも無視できません。

これが平均結婚年齢を押し上げているとみることもできます。

思いつくのはこのような理由ですが、あえてすぐに結婚しなくても・・・、という意識の共有と、「女だから早く結婚」みたいな価値観がなくなり、男女同権になってきたので、結婚年齢も似たような数字になってきたと考えて良いと思います。


≪特集≫リーズナブルな結婚相談所「ゼクシィ縁結びカウンター」で結婚できる秘密

結婚年齢の差は意識しなくてもよいのでは?

色々な出会いがあっても良いではないですか?

結婚するパターンには大きく2つあると言われています。

1つは高校や大学時代の恋人とそのまま結婚するパターンです、これは同級生だったり先輩後輩だったりするので年齢差はあまりありません。

もう1つが社会人になって出会い結婚するパターンです。この場合、男女の年齢差が付きやすく具体的には男性のほうが高くなりがちです。お見合い結婚もこのパターンになります。以前はお見合いでなくても「職場の上司や取引先の紹介」などもあり、こちらも年上の男性を紹介するというケースが多かったようです。

でも今は合コンや街コンなど同世代の男女が交流できる出会いイベントが増えているので、年齢条件的には同じような人たちと交流できる機会が増えています。結婚年齢の男女差がなくなってきているのもそういう背景もありそうです。

別に女性のほうが年上であっても何の問題もありません。それについて色々言う人は今、ほとんどいないでしょう。あまり年齢の「男女差」は意識しなくてもいいと思います。
それよりも将来設計で「何歳くらいで子供が欲しい」などを考えたほうがいいですね。

妊娠、出産は高齢になると不利になるのは確かなものとしてあります。ですので、相手の異性との年齢差よりも、結婚する年齢をどうするかにフォーカスを当てて、婚活を行っていきましょう。

晩婚化の流れについては色々と意見がありますが、相手との年齢差は今の時代はあまり注目しなくてもいい要素だと考えます。お互いに好きになって結婚したければそれでいいじゃないですか!

タグ 価値観 婚約

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

≪新企画≫婚活スタイル診断

気になるネット婚活・・・あなたに合った婚活サイトはどれでしょうか?

3つの質問に答えるだけで、あなたに合ったネット婚活を診断します!

ネット婚活って何から始めたら分からない・・・という方へ!何から始めようか迷ったら、ココから!

婚活スタイル診断スタート!

意外な事実、ご存知ですか?

「まりおねっと」のアンケート調査(290名が回答)では、約4人に1人の社会人がネットやSNSで付き合ったことがあるという結果でした。今やネットで出会うことは珍しくありません。でも、怪しい出会い系サイトは怖い!という方の為に、本当に安全な婚活サイトをランキング形式で比較しました。

【特集】本当に安全な婚活サイトの比較
本当に安全な婚活サイトの比較

このコラムの著者


婚活中にうつ病になってしまった元丸の内サラリーマン。お見合い、結婚相談所、婚活サイトあらゆる婚活経験しいずれも失敗。その経験を「反面教師」にしていただくべく、複数のサイトで「下から目線の婚活コラム」を執筆中。自分自身の婚活の価値がゼロになってしまったため、再起を図るべく活動中。